25才の女性です。就職してからずっと、しつこいニキビに悩まされています。特に生理前にはフェイスラインとおでこにたくさんできて、時にはあとが残ることもあります。仕事が忙しく、普段不摂生な生活を送っているので、せめて夕食と休日の食事だけは気をつけたいと思っています。健康な肌を作るのに役立つ食べ物と、避けた方が良い食べ物を教えてください。

 

健康な肌を作る上では、肌のスムーズなターンオーバーを促すビタミン類、便秘を防止して、腸内環境を整える食物繊維等を含有する食品をとることが大切です。それぞれ代表的なものを挙げます。まず、ビタミン類を多く含む食品ですが、いちご、キウイフルーツ、グレープフルーツ等の果物や、ニンジン、コマツナ、ホウレン草、パプリカといった緑黄色野菜が挙げられます。意外なところでは、納豆もそうです。納豆には女性ホルモンに似たはたらきをもつ、イソフラボンも含まれているので、生理前のニキビには、そちらの効果も期待できます。食物繊維を多く含む食品は、海草類、レンコン、ゴボウといった根菜類、こんにゃく、バナナ等です。食品というわけではありませんが、水分を十分とることも大切です。コーヒー等のカフェインが含まれるものは利尿作用があり、逆に体内の水分を減らしてしまうので、水やノンカフェインのお茶がおすすめです。

 

反対に、避けた方が良い食べ物は、脂肪分や糖分が多く含まれるもの、刺激が強すぎるもの等です。肉の脂身や、揚げ物、菓子類は控えめにした方が良いでしょう。香辛料を多用した料理も、胃腸に対する刺激となり、結果としてニキビを悪化させてしまう可能性があります。また、アルコールは脱水を招き、なおかつ体内の解毒作用を司る肝臓の機能を低下させるので、とりすぎには注意が必要です。